【AfterShokz】OPEN MOVEレビュー 商品比較あり。高機能でお手頃価格の骨伝導イヤホン

Item Review

 

こんにちは!@triathlete_yurika です。

このサイトでは、トライアスロン初心者の方々に向けた、トライアスロンにまつわるHowtoコンテンツを紹介しています!

アンバサダーを務めるAfterShokzから 、2020年9月18日に新製品「Open Move」が発売されました!

上位モデルであるAEROPEXに近い機能性を持ちながら、税込み1万円以下で購入できるおすすめアイテムです。

これまでエアロぺクスを中心に使用してきたので、比較もしながら紹介していきます!

 

AfterShokzとは?

アフターショックスはアメリカ生まれのブランドで、骨伝導技術を使ったイヤホンのパイオニア的ブランドです。

日用化の難しい骨伝導技術をイヤホンに搭載し、その技術やデザインは数々の賞を受賞しています。

コンセプトは「Be Open」

耳を塞がないとこで、もっと快適に、もっと安全にライフスタイルを楽しんで欲しいという願いが込められています。

ブランドについて、詳しくは以下の記事で紹介しています。

 

骨伝導技術とは?

私たちが日常で音を聴くことができるのは、空気の振動が耳の鼓膜に伝わり、その情報が脳に伝わるからです。

このように、 空気を振動させて伝わる音を「気導音」と言います。

一方、 空気ではなく「骨」を振動させて伝える音が「骨導音」です。

骨を通じて音を認識するので、イヤホンを耳の穴に入れなくても音が聞こえる!というなんとも不思議な技術。

↑この状態で音が聞こえます。

信じられないかもしれませんが、↑このようにこめかみ部分にイヤホンを当てるだけで、とてもクリアに音を聴くことができます。

体験したことがない方にはぜひ体験してもらいたい感覚です。

どんな風に音が聞こえるの?

骨から音楽を聴くってどんな感じ・・?と疑問に思う方も多いと思います。

例えるとすると、部屋に音楽を流しているのを聞いている感じ、です。

部屋で音楽をながしている時って、周りの人の会話も聞こえるし、インターホンの音も聞こえますよね。

そのような感じで、耳からは通常の生活音が聞こえているのですが、そのBGMとして音楽がかかっているような感じです。

ですが、音質は本当にクリアで、通常のイヤホンを使用しているのと変わない、むしろいいくらいです。

 

Open Moveレビュー

ギフトボックスで届いた!

Open Moveを使用して感じたことは、

  • 音質の良さ(AfterShokzの強み)
  • 相変わらずズレない(頭をシェイクしてもズレない)
  • 相変わらず軽い(つけていることを忘れる)
  • 色がかわいい!

ということ。

スポーツや日常で音楽を聴く、ということにおいては、ほぼエアロぺクスと同じ使用感といっても過言ではないです。

かなり近いので、参考までにエアロぺクスのレビューもご覧ください。

 

使い方

電源ボタンを押して、Bluetoothでお好みのデバイスとペアリングするだけ!

ペアリングの速度もとても早く、電源を入れた次の瞬間にはペアリグされます。

マルチペアリングモードでは、同時に2台のデバイスと接続が可能です。(この機能は超便利です)

詳しくは以下の記事で紹介しています。

通話も可能

通常の電話、Zoomなどのテレビ会議でも使用することができます。

付け心地は断然エアロぺクスがいい

一方で、圧倒的に違いを感じたのが「付け心地」です。

大前提として、OpenMoveも十分に付け心地がいいです。

しかし、エアロぺクス比べると、イヤホン部分の大きさがエアロぺクスよりも若干大きいので、エアロぺクスよりもホールド感を感じます。

白のOpenMoveの方がやや大きい

また、電源などがついている部分もOpenMoveの方が大きい(長い)ため、首を上下に動かしたときに若干当たることがあります。

そういう意味では、本当にストレスフリーを追及しているのがAEROPEXなんだなぁ(お値段の価値あり)と再発見しました。

 

スペック

以下、OpenMoveのスペックです。

  • 重量:29g
  • Bluetooth V5.0( Bluetooth接続距離:約10m )
  • 連続再生時間: 6時間
  • 待機時間10日間
  • 防滴 IP55 Certifed ( いかなる方向からの水の直接噴流によっても有害な影響を受けない )

カラー展開

現在日本では

  • スレートグレー
  • アルパインホワイト

が発売となっています。

 

他アイテムとの違い

AfterShokzからは、骨伝導イヤホンとしていくつかの商品が発売されていますが、以下が比較です。

TITANIUMとAEROPEXの中間の性能

最も近い比較対象としては、TITANIUMです。

TITANIUMも一万円以下で購入できる骨伝導イヤホンですが、Bluetoothの接続範囲・接続速度においてOpen Moveが勝ります。

また、重量が軽い点もポイントです。

 

動画でも紹介しています

Instagramにて、使用感や製品比較について紹介した様子を載せています!

 

まとめ

今回のOpenMoveは、骨伝導イヤホンデビューにはもってこいの商品だと思います。

これまでAEROPEXまでは手が届かないと感じていた方に、ほぼ同じ体験ができるアイテムとしておすすめです。

一方、より最上級の使用感をお求めの方にはエアロぺクスがおすすめです。

スイムでも音楽を聴くことができるXTRAINEZも合わせてチェックしてみてください!

 

以上、新製品の Open Move について紹介しました!

 

今後もレビューを更新予定です!

 

このサイトは、初心者トライアスリート向けのHowToサイトです。

スイム」「ラン」「バイク」「トライアスロン」といったカテゴリー別にコンテンツをご覧頂けます🌈

サイトの1番下にある「サイト内を検索」よりキーワード検索もできるので、気になるワードを検索してみてください^^

 

Instagramはこちらから→@triathlete_yurika

タイトルとURLをコピーしました