【使い方】AfterShokz AEROPEX -骨伝導イヤホン 通話も簡単

Item Review

 

こんにちは!@triathlete_yurika です。

このサイトでは、トライアスロン初心者の方々に向けた、トライアスロンにまつわるHowtoコンテンツを紹介しています!

今回は、アンバサダーを務めるAfterShokzの骨伝導イヤホン「AEROPEX(エアロペクス)」について、使い方を紹介します。

AfterShokzについてや、AEROPEXの詳細レビューは、関連記事よりご覧ください💁‍♀️

 

AEROPEX内容物一覧

エアロペクスを購入すると、

  • イヤホン本体
  • 充電器×2
  • 耳栓
  • ケース
  • 取扱説明書

が入っています。

BOXを開けるところからテンションのあがるパッケージです✨

 

AfterShokz Aeropex パッケージ
パッケージをあけるワクワク感

 

電源ON!

電源&音量+ボタン

 

長押しで電源ON/OFF

イヤホンの下部にある電源ボタンを長押しすると、電源のON/OFFが切り替わります。

 

AfterSHokz Aeropex 電源の入れ方

 

電源が入るとLEDライトが青く光り「アフターショックスヘようこそ!」の音声が流れます😉

 

ペアリング

AEROPEXは、Bluetoothと接続することで音楽を聴くことができます。

例えばスマホのBluetoothと接続する場合は、Bluetooth設定画面のデバイスに「Aeropex by AfterShokz」と表示されるので、ペアリングします。

 

garminもペアリングしてます笑

 

ペアリングがうまくできない…という方は、下記の記事も参考にご覧下さい。

 

お好きな音楽を再生

AEROPEXとBluetoothがペアリングされると「接続しました!」とアナウンスが流れます。

通常、電源を入れると「秒」でペアリングされます!

この速さがストレスフリーでとても心地いいです。

ペアリングされたあとは、スマホなどからお好みの音楽や動画を再生してください。

 

このように耳の上に引っ掛けるように装着します。

 

2台同時ペアリングも可能

エアロペクスには、1台のエアロペクスに対し2つのデバイスがペアリングできる「マルチポイントモード」があります。

例えば、パソコン・スマホを同時にペアリングすることが出るので、2つのデバイスでそれぞれ音楽を聞きたい場合もいちいちペアリングをし直す必要がありません。

 

マルチボタンで色々操作

マルチボタンでは、音楽の一時停止や通話などの操作を行います。

 

これがマルチボタン

 

ボタンを押す回数によって、次の曲へスキップ、前の曲へスキップ、音声ダイヤルなども操作できます!(詳しくは付属の説明書に記載しています)

例えば、2回押すと次の曲へスキップ、3回押すと前の曲へ戻ります。簡単!

 

音量調整

電源ボタン(+)と、その横の(-)ボタンにて音量調整が可能です😎

 

充電

付属の充電器で充電します。

イヤホンとの接続部分はマグネット式、USBの充電器です。

 

充電中…

 

充電中は赤いライトが点灯し、充電が完了するとブルーのライトに変わります。

 

付属のケースもかわいい

ゴム素材のケースがかわいい

 

付属のケースは、イヤホンも収納できるサイズです👍

ゴム素材で使用しやすいです。

 

リモートワークにも!

AEROPEXは通話も可能なため、ZOOMなどのオンライン会議、テレビ電話などでも使用することができます。

耳自体は塞がっていないので、周りの音もいつも通りに聴こえます。

そのため、例えば

  • 宅配便が届いた!
  • 子供の様子が気になる…

といった、在宅ワークならではのシーンにもおすすめです。

 

10%OFFクーポンあり

AfterShokzオフィシャルサイト、AEROPEX商品ページはこちらから。

AEROPEXをご購入希望の方には、公式サイトで使用できる10%OFFクーポンをお知らせします🤗(有効期限:2021年7月31日まで)

このサイトのお問い合わせフォーム、もしくはInstagramのDMよりクーポン希望の旨をご連絡下さい。

  

AfterShokz amazon公式ページはこちらから

 

以上、アフターショックスのエアロペクスの使い方でした!

 

このサイトは、初心者トライアスリート向けのHowToサイトです。

スイム」「ラン」「バイク」「トライアスロン」といったカテゴリー別にコンテンツをご覧頂けます🌈

サイトの1番下にある「サイト内を検索」よりキーワード検索もできるので、気になるワードを検索してみてください^^

 

Instagramはこちらから→@triathlete_yurika

 

関連記事

タイトルとURLをコピーしました